原文で読んでみよう 『平家物語』巻六 嗄声

さる程に越後国の住人、城太郎助長越後守に任ずる朝恩のかたじけなさに、木曾追討のために、都合三万余騎、同じき六月十五日門出(かどいで)して、あくる十六日の卯剋に、すでにうッたたんとしけるに、夜半ばかり俄に大風吹き大雨くだり、雷おびたたしうなって、天霽れて後雲井に大きなる声のしはがれたるをもって、「南閻浮提なんえんぶだい金銅こんどう十六丈の遮那仏しゃなぶつ、焼きほろぼし奉る平家の方人する者ここにあり。召しとれや」と三声さけんでぞ通りける。城太郎をはじめとして、これを聞く者みな身の毛よだちけり。郎等ども「これ程おそろしい天の告の候ふに、ただ理をまげてとどまらせ給へ」と申しけれども、「弓矢とる者のそれによるべきやうなし」とて、あくる十六日卯剋に、城をいでて、わづかに十余町ぞ()いたりける、黒雲一むら立来って、助長がうへにおほふとこそみえけれ。俄に身すくみ心ほれて落馬してんげり。輿にかき乗せ館へ帰り、うちふす事三時(みとき)ばかりして遂に死ににけり。飛脚をもって、この由都へ申したりければ、平家の人々大きにさわがれけり。(巻六・嗄声)

そんな中、越後国の住人、城太郎助長は、越後守に任命してくださった朝廷のご恩をありがたく思い、木曾義仲追討のために、全部で三万余騎で、同じく治承五年六月十五日に館を出て、あくる十六日の朝六時ごろには出立しようといたところ、夜中ごろに突然大風が吹き、雨が激しく降り、雷が激しく鳴って、空が晴れたあと、雲の上で大きなしわがれ声が響き、「南閻浮提なんえんぶだい金銅こんどう十六丈の遮那仏しゃなぶつを、焼きほろぼした平家の味方をする者がここにいるぞ。召しとれ」と三回叫んで通っていった。城太郎をはじめとして、これを聞いた者はみな身の毛がよだった。郎等たちは「これほどおそろしい天のお告げがございますので、ただ理をまげてここにお留まりください」と申しあげたが、「弓矢とる者がそのようなことに左右されてはならない」と言って、あくる十六日の朝六時ごろに、城郭を出て、わづかに1㎞ほど進んだところ、黒雲が一かたまり湧き立って、助長を覆ったように見えた。とつぜん身体がすくんで意識がなくなり落馬してしまった。かかえて輿に乗せられて館に帰り、寝かされてから六時間ほどで、とうとう死んでしまった。飛脚を使って、このことを都に申しあげたところ、平家の人々は大さわぎをした。

PAGE TOP