【滅亡の焔】現代語訳付き鑑賞ガイド 奈良炎上① 

『平家物語』の原文で語る舞台、お話がもっと分かるともっと楽しめるはず!と思っている方もいらっしゃるでしょう。舞台映像は何度でも見直すことができます。現代語訳をお供に、すこしずつ楽しんでみませんか。

慣れるときっと原文だけで楽しむことができます!

奈良炎上  0:05:24ごろ~

やりすぎだよ!奈良の悪僧

都ではまた「高倉宮(以仁王)が園城寺(三井寺)にお入りになったとき、南都の大衆が味方して、おまけに宮を迎えに行ったこと、これは朝廷への反抗だ。清盛は南都も三井寺も攻めるにちがいない」という噂が聞こえてくるやいなや、奈良(南都)の大衆がいっせいに反発して立ち上がった。

都にはまた、「高倉宮、園城寺へ入御じゅぎょの時、南都の大衆だいしゅ、同心して、あまっさへおんむかへに参る条、これもって朝敵なり。されば南都をも三井寺をも攻めらるべし」といふ程こそありけれ、奈良の大衆おびたたしく蜂起す。

【朝敵】この時の帝は安徳天皇。平清盛は外祖父として朝廷を支配していました。

摂政殿は「思うことがあれば何度でも帝に申し上げるから」とおいいつけになったが、全く聞きいれない。勧学院の別当忠成を使者として奈良に行かせたところ、「奴を乗物から引きずり落とせ。もとどりを切れ」と騒いだので、忠成は青ざめて京に逃げ帰る。次に右衛門佐親雅を奈良に行かせる。これも、「もとどりきれ」と大衆が騒ぎ立てるので、とる物もとりあえず京に逃げ帰る。その時は勧学院の下級役人二人がもとどりを切られてしまった。

摂政殿より、「存知の旨あらば、いくたびも奏聞にこそ及ばめ」と仰せ下されけれども、一切(いっせつ)用ゐ奉らず。有官うくわんの別当忠成ただなり御使おつかひくだされたりければ、「しや乗物よりとってひきおとせ。もとどりきれ」と騒動する間、忠成色をうしなって逃げのぼる。次に右衛門すけちかまさを下さる。これをも、「もとどりきれ」と大衆ひしめきければ、とる物もとりあへず逃げのぼる。その時はくわん学院がくゐん雑色ざうしき二人ににんがもとどり切られにけり。

【摂政殿】騒動の中心は興福寺の僧たち。興福寺は、摂関家藤原氏の氏寺です。

【勧学院】藤原氏が一族の子弟のためにつくった学校。

【もとどり】髪を頭の上で束ねた部分。人前で冠を脱がせて、もとどりを切るのは、相手をひどく辱める行為でした。

また南都では大きな毬杖ぎっちょうの玉をつくって、これはへい相国しやうこくの頭と名付けて、「打て」「踏め」などといった。「人の噂になりやすい悪口は、災いの元。調子に乗りすぎるのは破滅の元」という。入道相国(清盛)と申すのは、恐れ多くも今の帝の祖父である。それをこのように申す奈良の僧たちは、まったくもって天魔が取りついたかと思われた。

また南都には大きなる毬杖(ぎっちょう)の玉をつくって、これは(へい)相国(しやうこく)のかうべとなづけて、「うて」「ふめ」なんどぞ申しける。「言葉のもらしやすきは、わざはひをまねく仲立ちなり。事のつつしまざるは、やぶれをとる道なり」といへり。この入道相国と申すは、かけまくもかたじけなく、当今(たうぎん)(ぐわ)(いそ)にておはします。それをかやうに申しける南都の大衆、およそは天魔の所為(しょゐ)とぞ見えたりける。

【毬杖】棒で木の球を打ち合う遊び。

入道相国はこのような事を伝え聞いて、そのままにしておくわけがない。急いで南都の狼藉を鎮めようと思って、備中国住人瀬尾太郎兼康を大和国の検非所(県警本部長)にした。兼康は五百余騎で南都に向かう。

入道相国かやうの事ども伝へ聞き給ひて、いかでかよしと思はるべき。かつがつ南都の狼藉(ろうぜき)をしづめんとて、備中の国の住人、瀬尾(せのをの)太郎(たろう)(かね)(やす)、大和国の検非所に()せらる。兼康、五百余騎で南都へ発向(はっかう)す。

〔清盛は〕「よいか、衆徒が乱暴をはたらいても、おまえたちは決して乱暴するな。武装するな。弓矢は持つな」と言って向かわせたのに、大衆はそのような内情を知らずに、兼康の部下六十人あまりを捕らえて、全員の頸を斬り、猿沢の池の周りに並べて掛けた。

「相構へて(しゅ)()は狼藉をいたすとも、汝等はいたすべからず。(もの)(のぐ)なせそ。弓箭(きゅうせん)(たい)しそ」とて向けられたりけるに、大衆かかる内儀をば知らず、兼康が余勢(よぜい)六十余人からめとって、一々にみな頸を斬って、猿沢の池のはたにぞ懸け並べたる。

今の猿沢池(奈良県奈良市)

PAGE TOP