おうちで読もう百人一首 9番 小野小町〈秘密のベールはそのままに〉

花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

○○小町といえば美女の代名詞。姿かたちが美しい上に、小野小町さんが詠む和歌はとても美しいのです。求愛を断り続けたせいで老後は悲惨だったと言われていますが、そんな説話を作って広めた人たちよ、小野小町にふられたわけではないのに、八つ当たりしてどうする!と言いたいぞ。

PAGE TOP